DETAILS
施工事例DETAILS

アクセントクロスについて



これはもう言わずと知れたお話ですが、他の国にくらべて国土面積の少ない日本ではいわゆる『狭小住宅』が一般的なものとなっています。


私の知り合いのアメリカ人が来日した際に一番に興味をもっていたことが、家と家との『距離の短さ』(;'∀')


はじめてみる光景だったようで、しきりにカメラで取りながら「OH! OH!」と楽しそうでした( ´艸`)


くしくも私は悲しくもアメリカにいったことがありませんが、映画なんかで見る海外の住宅地のイメージといえば…





・家がデカイ!


・庭がデカイ!


・ゆえに、家々の距離がものすごくひろ~い!



そんな気がします。




しかしながら同じ雰囲気のものをを日本で購入しようとすると…

相当の土地代を覚悟せねばいけないのであまり現実的ではありませんよね(;・∀・)




そんな日本の住宅事情の中、すこしでも間口やお部屋を大きく、明るく見せるために一般的になったのが「白いカラーリング」でした。








白いカラーリング


みなさまご案内のとおり、白は「ものを大きく見せる」効果があります。


それだけでなく「清潔感」に代表されるクリーンなイメージ、どの色ともマッチする相性の良さなんかも白がもつ魅力のひとつです♪



アパートやマンション、一戸建てのおうちに壁紙(クロス)を施工したり、塗装で色付けするときのベースカラーに採用される理由がよくわかる気がします。


















こちらは濃いめの床色から徐々に壁面にむかって白を強調したようなデザインです。


床の濃色が白をさらに引き立ててくれるようなイメージで仕上げています。
















ちなみに…施工時に白を引き立たせるために濃色系でチョイスしたのがこのような感じのフロアタイルです!













このように、もはや日本では当たり前のお話なのですが白い壁紙や白い塗装で壁面や天井を仕上げることがスタンダードで失敗のすくないリフォーム事例の一つであることがわかります(^^)/









それでも、なんかこう…という場合には




最近ではタイトルにもある『アクセントクロス』なるものが定着しつつあります。




アクセントクロスとは、先述の白いカラーリングのおへやにほんのちょっと違うカラー、ご自身のお好きなカラーを取り入れてあげるような工法で、約10年前くらいからよく耳にするようになりました。














これがアクセントクロスの一例です('ω')ノ








白いカラーリングはもちろんステキなんだけど…なんだか物足りない気がして…



と、いうお客様やアパートやマンションのオーナーさんが新しい入居者さんを迎えるにあたって「ちょっとオシャレな空間」を演出するためにアクセントクロスの施工依頼をいただくことが多くなっています。




弊社でご依頼をいただくお客様の中で一番の人気が上のお写真のような「グレー系」です。



あまり奇抜なカラーリングにすると好き嫌いがわかれてしまうかな?というご意見が多く、このような落ち着いた色合いを選ぶ方が多いのが特徴です。




















写真のような薄めのグレー色も大変人気です。



















施工のビフォーアフター写真でご覧いただくとわかりやすいかと思います(*´ω`)







今回はアクセントクロスの中でも比較的落ち着いた雰囲気のグレー系アクセントクロスをご紹介いたしました。



アクセントクロスはいつものお部屋に華やかさや落ち着き、カッコよさやカワイさなど…さまざまな雰囲気をプラスしてくれます♪


次回のアクセントクロス特集ではちょっと変わった色使いや楽しいアレンジをご紹介していければと思います♪























ご質問やご不明な点、何かございましたら、
下記のリンクよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら