DETAILS
施工事例DETAILS

ちょっとだけリフォーム






リフォーム工事、リノベーション工事や店舗、オフィスの内装工事とひとこと耳にしたときに、まず一番はじめに浮かぶ言葉が…





✔工事費が高いのではないか?


✔工事費が高いのではないか?


✔工事費が高いのではないか?








…これは本当に冗談ではなく実際に数人のお客様よりお話を伺い、工事完了後に当時の心境をおうかがいしたところこのような回答をいただいたからです。





それ以外にも『自分のイメージ通りに仕上がるかな?』というご心配、


『工事期間や騒音はどのくらいか?』というご不明な点などをお話いただきました。




その中でもダントツだったのが『工事費用』についての不安。


確かにまずはこの問題を解消して乗り越えてはじめて工事をやっていこう!と決心するのだと思います。







当社自身も…




実は当社も2019年8月7日に別事業としてちいさなレストランを立ち上げました。

(この記事を作成しているのは2019年9月6日です)





こちらの内装工事の模様やビフォーアフターなども後日ご案内させていただければと思いますが、内装工事を生業としている当社であっても工事前には本当にさまざまな不安や心配ごととの闘いです。




想定していた工事予算に対して、相手は「モノ」ですので後から色々なトラブルが起こります(;'∀')





・排水管に前の店舗さんの時代の強固な油汚れが固着していて排水できない…


・古い壁紙(クロス)を剥がしたら内壁から外壁に向かって大きな穴があいていた…


・もともとの電気配線が不思議な組み立て方をしていてコンセントが使えなかった…





などなど(;^_^A

今回の新店舗を工事する際に「あとから」みつかったトラブルの一角です。





どんなに丁寧に見ても、見積もりや簡易調査の段階ではすべての項目をカバーできないので、このようなトラブルがあるとどうしても追加で工事が必要になってしまい、普段こういう業務に従事している当社も店舗工事として確保していた予算をオーバーしてしまいました。




店舗に限らず住宅、オフィスにかかわるすべてにおいて古い物件や作りのかわった物件、汚れやカビなどが必要以上に生えているとか、壁に大きくヒビがはいっているとか…



物件探しの段階で必ず「あれ?」と思うことがあると思います。





この「あれ?」と感じるフィーリングが結構大切かもしれません。






さきほどもご案内させていただきましたが相手は「モノ」です。

心をかけて丁寧に、優しく大切にしてあげることでとっても長持ちしてくれます。


万が一損傷してしまったらしっかりと修理修繕をしてあげることも大切なポイントの一つです。



または…発想を転換して、




壊す、

解体する、

キレイな物件に的をしぼる、



そのような選択肢もしっかりと持っていたほうがいいな。

と、今回当社でもレストランを立ち上げる際にあらためてそのように感じました。






ゆえに、むずかしいこと




内装工事にかぎらず工事業者さん、工務店さんはたくさんいらっしゃいます。


弊社もそんな工事業者さんたちの末席にいる一社です。



それぞれの会社さんにそれぞれの得意技があって、それぞれのポリシーで業務にあたってらっしゃるかと思います。



的確なたとえではないかもしれませんが、街のパン屋さんごとに値段も味もサービスも。


それぞれのカラーがあるのと同じです。



同じ「あんぱん」でも上に梅の花が乗ってるとか乗ってないとか、粒あんかこしあんかとか、あんの甘味の強弱とか…


お店ごとに違うから差が出て、個性がでます。






大量生産品のみが善とする世界にならないのは、それに価値を見出している方がいらっしゃっているからかもしれません。




もちろんリフォーム工事、リノベーション工事などで複数社さんから相見積もりをとって比較することも大切です。

すごく大事だと思います。




比較の際に金額だけでなく『中身のこだわり』でもそれを比べることが大切だと思います。

当社はそう思っています。



もし書いてあることが専門的すぎてわからない場合はいつでも質問してください。

ご説明させていただきますので、内容と値段ともどもにご納得された会社さんでリフォーム工事、リノベーション工事をした方が何につけてもいいことと…当社は考えております。







当社ではそのように声をかけてくださったお客様、ご相談くださったお客様、お仕事をご依頼いただいたお客様。



皆様と本当にすてきなご縁をいただいて時にはお仕事をおまかせいただいてきました。


わたしたちもまだまだ道半ば。

勉強、修行しながらの毎日ですが、安くて悪いものや高くていいものをひとつ越えて『お客様が納得できるいいもの』を目指して頑張っています。







さて、今回の施工事例です(;・∀・)



大分前置きが長くなってしまいましたが、今回は住宅のちょこっとリフォーム工事ということで、お客様自身がデザインされた玄関装飾を施工させていただいた一幕をご案内いたします。








玄関スペースの棚を撤去し、クロスとタイルをつかったユーティリティスペースを造作させていただきました!
















こちらがビフォー(撤去後すぐ)です。










ベビーカーを置いたり、スノーボードや高さのあるモノを置くときに便利です♪




















ユーティリティスペースの奥には下駄箱があります!


今回は下駄箱のデザインもお客様がプロデュースしてくださっています(^_-)-☆
















今回の工事はちょこっとリフォームということで…

工事は以上で完了。


もともとの下駄箱や棚の解体からはじまって正味1.5日程度で終了しました。



このように比較的小さな工事は、特殊な事例(とっても高い所の工事や非常に危険な区域での工事、毒物や危険物を取り扱う工事等)をのぞいて価格帯も大きくなりにくいのが特徴です。



これからリフォーム工事をはじめたい方、知り合いの業者さんがいないのでこれからネットなどで探してみようという方。



このようにはじめは小規模の工事をご依頼してみてはいかがでしょうか?



それぞれの工事業者さんとの出会いも大切な工事内容の一つです。




みなさんのイメージが具体的にモノになったときの喜びをぜひとも感じていただきたいと思っています(*´▽`*)


















ご質問やご不明な点、何かございましたら、
下記のリンクよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら